青年会議所とは | 事業告知 | 活動報告 | スケジュール | 入会案内 | メンバー紹介
青年会議所とは

青年会議所とは

 

 青年会議所(JC)は"明るい豊かな社会"の実現を理想とし、次代の担い手たる責任感をもった20歳から40歳までの指導者たらんとする青年の団体です。青年は人種、国籍、性別、職業、宗教の別なく、自由な個人の意志によりその居住する各都市の青年会議所に入会できます。
 60余年の歴史をもつ日本の青年会議所運動は、めざましい発展を続けておりますが、現在697の地域に約35, 000名の会員を擁し、全国的運営の総合調整機関として日本青年会議所が東京にあります。
 全世界に及ぶこの青年運動の中枢は国際青年会議所ですが、約132ヵ所の国及び地域に119NOM(国家青年会議所)があり、約165,000人の会員が国際的な連携をもって活動をしています。
 日本青年会議所の事業目標は、"社会と人間の開発"です。その具体的事業としてわれわれは市民社会の一員として、市民の共感を求め社会開発計画による日常活動を展開し、「自由」を基盤とした民主的集団指導能力の開発を推し進めています。
 さらに日本の独立と民主主義を守り、自由経済体制の確立による豊かな社会を創り出すため、市民運動の先頭に立って進む団体、それが青年会議所です。

 

<2019年度 基本理念(スローガン)>

 

2019年度スローガン


~ 新たな時代の創造、今新しい一歩を ~

 

<2019年度 活動方針>

1、会員の意識改革と会員全員で取り組む会員拡大の実施
2、未来の地域を担う青少年を健全に育成する事業の実施
3、地域を活性化し交流人口を拡大する事業の実施
4、人口減少に歯止めをかける事業の実施
5、戦略的かつ連続的な広報活動の実施
6、伝統を受け継ぎ次世代へ継承する事業の実施

rijicho_b.jpg


 

一般社団法人新発田青年会議所
第61代理事長 宮澤 大樹

【はじめに】

 今から69年前、戦後間もない首都東京にて「新日本の再建は我々青年の仕事である」という高い志の元、全国で初となる東京青年会議所が設立されました。その青年会議所運動は瞬く間に全国各地へと広がり、175番目のLOMとして新発田青年会議所が設立されました。設立から今日まで先輩諸兄姉から脈々と受け継いできた志と念(おも)い、そして地域と共に歩み続けてきた(一社)新発田青年会議所(以下、新発田JC)の歴史も本年で61年目を迎え、昭和から平成そして新しい元号が制定される新たな時代の幕開けとなります。私は今年度の新発田JCを、偉大な先輩諸兄姉が築き上げてきた60年間の歴史を受け継ぎながら、新たな時代の創造のため変化を恐れず新しいことに挑戦する組織にしたいと考えます。
 私は8年前尊敬する先輩の紹介で新発田JCに入会させていただきました。当時は豪傑の先輩方がたくさん居り、入会間もない私は先輩方に言われるがまま、ただ事業や活動に参加だけをしていました。そんな私にも転機が訪れます。先輩からのお声かけをいただき青少年系の委員長を仰せつかりました。委員長として一年間の事業をやり終えた時に、周りのメンバーやサポートしてくださった地域の方々への感謝の気持ちが芽生えました。そして参加してくれた子ども達の笑顔が、その後の青年会議所活動に大きな変化を与えてくれるきっかけとなりました。人は行動を起こす時には必ず、何かに念(おも)いを馳せ考えます。その念(おも)いは強ければ強いほど、体が自然に動き、行動となります。私はそんな念(おも)いのある行動が、夢や希望の実現へとつながっていくものだと強く信じます。

新たな時代の創造のため、変化を恐れず新しいことに挑戦する
一人ひとりが念(おも)いを持って行動できる、そんな新発田JCを構築します


【メンバー全員が念(おも)いをもった会員拡大】

 ここ数年は、異業種交流会の開催や継続的な会員拡大運動によって会員の意識も変化し、メンバー全員で会員拡大をするという考え方に少しずつ変わってきました。その成果もあり100名前後の人数規模を維持してきています。しかし、今後3年間で約3割強の会員が卒業を迎え会員数減少は緊急の課題となっています。なぜ今、会員拡大運動を行わなければならないのか、なぜ会員が一丸となって取り組まなければいけないのか、我々自身がしっかりと考える必要があります。新発田JCが61年間歩んできた道をつなぎ、さらに大きく運動を展開していく為には会員を拡大することは必須です。小規模であれば発進力も限られてきます。会員拡大は一見、会員個人にとって、メリットが無いように見受けられますがそうではありません。多くの会員が一丸となって地域の為により大きな運動を展開することで地域が良くなります。そして地域に住み暮らす自分の家族や大切な人の幸せにつながることが、最終的には自分自身の幸せにつながります。
 会員拡大は組織全体で取り組む必要がありますが、JC活動に魅力を見出せていない会員も少なからず存在しているのも事実です。まずは会員一人ひとりがJAYCEEとしての誇りと、新発田JCに所属している価値をしっかりと見出していかなければなりません。会員一人ひとりの意識や資質を向上させていきながら、全員で必ず会員拡大を成功させるという「強い念(おも)い」を持ち会員拡大運動に取り組みます。


【未来の地域を担う青少年を健全に育成する】

 私の子どもの頃を思い出すと、外に出て近所の公園や広場で自然と友達が集まり遊んでいた記憶があります。遊び方も友達同士で意見を出し合い、時には意見の違いで喧嘩しながらも、お互いを尊重し自分達で楽しい遊びを考え過ごしていました。またそこには、地域の大人がいて時には怒られ、時には褒められたり励まされたりしていました。私達は普段の生活や遊んでいる中で、自然にお互いを尊重する気持ちや感謝の気持ちを学ぶことができました。では現代の子ども達の遊び方はどうでしょうか。インターネットが当たり前になり一人で過ごしていても、友達とメール、SNSなどでつながることができます。実際に会わなくてもスマートフォンやパソコンで会話やコンタクトが取れる時代になっています。このようなインターネット環境の進化が全ての原因ではありませんが、子ども達のコミュニケーション能力の低下や、人への感謝の気持ちが希薄となること、考えられない事件やいじめに発展していることの一因になっているのではないかと考えます。今この時代だからこそ私たちがやるべきことは、子ども達のコミュ二ケーション能力を高め、人を念(おも)いやる心を育むことです。学校や家庭では教わらない、青年会議所ならではの「強烈な、原体験」を体験してもらいます。人を念(おも)いやる心を育み、モラルや礼儀を伝える。そんな健全な心を養うことで、この地域の未来を担う青少年を健全に育成していきます


~この地域の可能性を模索する~

 インバウンドによる地方創生が話題となって久しい昨今。所謂ゴールデンルートといわれる大都市圏や観光資源の豊富な地域はこの恩恵を多く受けてきました。日本であるにもかかわらず、観光地で日本語以外の言語が飛び交う状況に遭遇することも、今では当たり前になってきました。では、この恩恵はこういった地域だけのものであるかといえば、決してそうではありません。ゴールデンルートを経験した多くの旅行者が、「モノ消費」的な楽しみではなく、そこにしかない経験、「コト消費」を求めて、リピーターとして訪日しているのです。
 の地域に目を向けると、最近はわずかながら外国人観光客の姿を見かけるようになりましたが、そこまで大きな波及効果は感じられていないのが実情ではないでしょうか。
 しかし、一見して観光資源となりえないもの、私たちが一方的にそう考えてしまっているものも、触れる人によっては大きな価値となり得る可能性を秘めているはずです。私たちが普段見落としている当たり前の風景が、見る人によっては大きな感動を与えるかもしれないし、思いもしない価値を見出すかもしれないのです。まだ見ぬ魅力を発掘し、発信することで、この地域に新たなインパクトを与えることができるはずです。


【地域の魅力と笑顔で交流人口の拡大】

 地方創生が叫ばれている中、地域経済の発展は我々の地域でも重要な課題の一つだと捉えます。その中でも交流人口の拡大は地域経済の発展に大きく関わることで、我々青年経済人として取り組まなければいけない課題です。私達の活動エリア内には、素晴らしい魅力が多く存在します。普段見慣れていて我々では価値に気づかない物でも、他地域の方が見ると価値がある物がたくさんあります。そんな素晴らしい魅力をPRしきれていないのが現状です。まずは、私達が地域の魅力を発掘することから始めます。発掘した魅力についての強みと弱みを検討し、適切な発信方法を模索していきます。その上で行っていくべきことは地域と行政、市民と連携しその魅力の「ブランド力」を高め、大きく発信していくことです。私達自身が地域の魅力に「念(おも)い」を持ち、大きく発信することで人が訪れ交流人口が増加し経済が発展します。魅力に気付いた地域の人たちの笑顔が増えることで「明るい豊かな社会」の実現へとつながっていきます。


【人口減少に歯止めを】

 日本の抱える問題の一つに人口減少問題があります。国家レベルの問題となりますが、我々の住み暮らす地域にとっても重要な問題です。現在活動エリア内の人口推移に関して聖籠町は増加傾向にありますが、新発田市と阿賀野市は残念ながら減少傾向にあります。人口減少が進めば、経済が衰退し税収が減り、我々が営んでいる会社の存続も難しくなります。また、社会保障制度の維持も困難になり、この地域で安心して暮らしていくのが難しくなります。
 先輩諸兄姉の弛まぬ努力により築いてきた地域が私達にはあります。私たちは「明るい豊かな社会」の実現に向け、人口減少問題に積極的に取り組んでいきます。まずは私たちが現状を把握するところから始めます。人口減少問題の本質を検証すると共に、我々会員一人ひとりがこの問題に対し真剣に考える意識を持ち、少しでもこの問題に歯止めをかけるきっかけを、行政や地域の方々と一緒に構築していきます。
 国家レベルの問題に我々ができることは、地域を「念(おも)う」心と足下の一歩を確実に進めていくことが重要です。地域の方々にも現状を知っていただくと共に、検証結果に基づき新発田JCならではの運動を展開していきます。


【未来への発信】

 我々がどんなに素晴らしい運動をしても、それが地域の人に伝わらなければ自己満足になってしまいます。新発田JCとして展開している運動内容やプロセスを、あらゆるメディアを通じて公開していく必要があります。情報の収集方法や発信方法は、ここ数年間を見ても劇的に変化しました。その中でもインターネットの普及と進化は、情報を瞬時に世界各地へ発信できると同時に、多くの個人に情報を伝えるツールへと発展しました。私たちはインターネットやSNSをツールとして上手く使いこなしていかなければいけません。従来通りの手法にとらわれず、「戦略的かつ連続的」な広報活動を展開していくことで、より多くの人に我々の運動を配信し続けます。我々が戦略的な情報発信を効果的に行うことは、地域の方々の理解を得ると同時に信頼されることにもつながります。この信頼はメンバーの誇りにもつながっていくでしょう。我々の「念(おも)い」を多くの人に発信していきます。


【LOMの円滑な運営】

 新発田JCは法人格を取得して5年が経過しました。そして100名を超えるLOMとして事業の規模も大きくなってきています。近年ではクラウドファンディングや外部資金調達など、外部からの資金援助を使用した事業構築も増えてきています。新たな試みにも、適正かつスムーズな会計処理を行い私たちの活動と運営が円滑に行われるように運営して参ります。


【伝統を受け継ぎ次世代へ継承する】

 これまで60年間という長き歴史にわたり新発田JCは、礼儀や伝統を先輩諸兄姉の絶え間ない努力と情熱により守り続け継承してきました。私達には変わらなく続いている伝統や礼儀を守り、先輩諸兄姉が大事につくりあげてきたものを次世代へと継承する義務があります。ではなぜ今まで歴史や伝統が受け継がれてきたのか。まずは会員一人ひとりが歴史や伝統の真意を知ることから始めます。真意を知ることで、今までとは異なる意識で歴史や伝統を継承していくこととなり、あらためて継承することの重責を感じていただきたいと考えます。新発田JCが変わることなく受け継いできた「念(おも)い」が、まさしく本年で36年目の運行となる伝統事業溝口大祖神御神輿運行です。地域の皆様に我々の雄志と高い志を見ていただくことで、我々の「念(おも)い」と活動に更なる魅力を感じていただきます。


【結びに】

 大袈裟かも知れませんが、私は今後の青年会議所活動を命がけでやりたいと念(おも)っています。人が生まれてから死ぬまでの時間には限りがあります。つまり命の時間は否応なく、常に削られているということです。そんな限りある命の中で、かけがえのない時間を削り青年会議所運動を行うのであれば、命がけでやっているのと一緒です。私は自分の大切な人や家族の幸せ、この地域の発展に向かい誠心誠意活動していく所存です。
 新たな時代の創造の実現に向け、皆さんと共に「念(おも)い」を抱き、新しい一歩を踏み出して参ります。


| ホーム | 青年会議所とは | 事業告知 | 活動報告 | スケジュール | 会員紹介 |


一般社団法人 新発田青年会議所
〒957-8550 新潟県新発田市中央町4-10-10 新発田商工会議所3F
TEL:0254-22-0404(09:30~15:30) FAX:0254-21-1522 メールでのお問い合わせ