青年会議所とは | 事業告知 | 活動報告 | スケジュール | 入会案内 | メンバー紹介
青年会議所とは

青年会議所とは

 

 青年会議所(JC)は"明るい豊かな社会"の実現を理想とし、次代の担い手たる責任感をもった20歳から40歳までの指導者たらんとする青年の団体です。青年は人種、国籍、性別、職業、宗教の別なく、自由な個人の意志によりその居住する各都市の青年会議所に入会できます。
 60余年の歴史をもつ日本の青年会議所運動は、めざましい発展を続けておりますが、現在697の地域に約35, 000名の会員を擁し、全国的運営の総合調整機関として日本青年会議所が東京にあります。
 全世界に及ぶこの青年運動の中枢は国際青年会議所ですが、約132ヵ所の国及び地域に119NOM(国家青年会議所)があり、約165,000人の会員が国際的な連携をもって活動をしています。
 日本青年会議所の事業目標は、"社会と人間の開発"です。その具体的事業としてわれわれは市民社会の一員として、市民の共感を求め社会開発計画による日常活動を展開し、「自由」を基盤とした民主的集団指導能力の開発を推し進めています。
 さらに日本の独立と民主主義を守り、自由経済体制の確立による豊かな社会を創り出すため、市民運動の先頭に立って進む団体、それが青年会議所です。

 

<2018年度 基本理念(スローガン)>

 

2018年度スローガン


~ 地域を輝かせる熱い想いと共に、新たな一歩を ~

 

<2018年度 活動方針>

60周年に関する事業の実施子どもたちが社会性を身に付ける場を創出する事業の実施伝統を引き継ぎ、後世へと伝える事業の実施交流人口増加に関する地域の可能性を探る事業の実施
LOM全体を巻き込んだ会員拡大の実施メディア及びインターネットリテラシーに関する事業の実施

rijicho_b.jpg


 

一般社団法人新発田青年会議所
第60代理事長 佐藤 友哉

【はじめに】

 昭和33年、地域社会および国家の発展を図り会員の連携と指導力の啓発に努めるとともに、国際的理解を深め世界の繁栄と平和に寄与することを目的に、新発田青年会議所は産声をあげました。高い志を掲げながら紡いできた歴史は、本年で60年という節目の年を迎えます。 この地において、新発田青年会議所が60年もの間ありつづけることができたのは、守るべきものは守り、時代の流れに沿って変革すべきものは変革する、この絶対的価値観ともいえる精神を脈々とつないできたからに他なりません。いま、私たちが運動を展開できること、 100名弱のメンバーがいて、一緒に活動できる土台が整っているのも、先輩諸兄姉の数多くの努力の結果であります。その現状を当たり前のものだと思ってはならないし、甘えてはいけないのです。そして、これから先も当たり前にあると思ってはいけないのです。私たちも行動を起こさなければなりません。私たちをとりまく環境は刻一刻と変わっていくのですから、私たちも当然変わっていかなければなりません。

-- 変わらないために、変わる --

 私たちがこの地域において新発田青年会議所としてあり続けるために、良き伝統を守り伝えていくために、この節目の年を好機と捉え変革への明確な意識を共有し、後世へと伝えていくことが必要なのです。


~インパクトある運動を~

 私たちが運動を展開する理由は、明るい豊かな社会を実現するためです。地域社会や、関わる人々、そしてメンバーを「より良く」するために私たちは存在しています。つまり変革を大きなミッションと掲げている団体であります。そうであるならば、私たちが展開する運動は、対象に対して強いインパクトを与え得るものであるべきです。私たちの運動によって、関わる人の心に強いインパクトを残すことができれば、私たちが目指すあるべき姿に一歩近づくことができるのです。明るい豊かな社会の実現に一歩でも多く歩みを進めることを最大の目的とし、インパクトある運動を展開してまいりましょう。


~今までの歩みを振り返り、未来へ歩みを進める~

 新発田青年会議所は60年間、明るい豊かな社会の実現に向けて直向きに歩みを進めてまいりました。しかし時には少し足を止め後ろを振り返り、また、足元を見つめたり、まわりを見回したりする時間も必要であります。今年はそれにふさわしい節目の年であります。
 今の私たちがあるのは、歴史を紡いでこられた先輩諸兄姉と、関わる地域の方々、そして多くの同志の支えがあったからこそであります。今こうして活動できていることが「有難い」ことであります。これからも感謝の心を忘れずに、歩みを進めてまいりましょう。
 また、この60年を振り返ると、幾多の事業が展開されてきました。過去には、今の私たちでは想像もつかぬような事業も数多く実施されており、その時々に地域に対して強いインパクトを残してきたはずであります。この素晴らしい財産を、時間の流れとともに風化させることなく集積することで、シナジーを生み、良い意味で常識のタガを外し、今後展開する運動をよりインパクトあるものにしていくことができるのです。 


~この地域の可能性を模索する~

 インバウンドによる地方創生が話題となって久しい昨今。所謂ゴールデンルートといわれる大都市圏や観光資源の豊富な地域はこの恩恵を多く受けてきました。日本であるにもかかわらず、観光地で日本語以外の言語が飛び交う状況に遭遇することも、今では当たり前になってきました。では、この恩恵はこういった地域だけのものであるかといえば、決してそうではありません。ゴールデンルートを経験した多くの旅行者が、「モノ消費」的な楽しみではなく、そこにしかない経験、「コト消費」を求めて、リピーターとして訪日しているのです。
 の地域に目を向けると、最近はわずかながら外国人観光客の姿を見かけるようになりましたが、そこまで大きな波及効果は感じられていないのが実情ではないでしょうか。
 しかし、一見して観光資源となりえないもの、私たちが一方的にそう考えてしまっているものも、触れる人によっては大きな価値となり得る可能性を秘めているはずです。私たちが普段見落としている当たり前の風景が、見る人によっては大きな感動を与えるかもしれないし、思いもしない価値を見出すかもしれないのです。まだ見ぬ魅力を発掘し、発信することで、この地域に新たなインパクトを与えることができるはずです。


~受け継ぎ、伝えること~

 「統」とは、いままで続いてきたもの、つながりを意味し、それが「伝わる」そして「伝える」ことで「伝統」となります。いままで脈々と続いてきたものを受け継ぎ、そしてまたそれを確実に後世に伝えていく、この2つがあってようやく「伝統」は成立します。
 私たちが溝口大祖神御神輿の運行を担わせていただいてから本年で35年目を迎えます。
 長きにわたって、新発田にとって大変重要な神事を担わせていただくことができるのは、まさに新発田青年会議所が「伝統」を重んじてきたからに他なりません。しきたり、所作、そして熱い想いと魂を受け止め、後世へと残していくことが私たち現役世代の使命であります。経験年数の浅いメンバーが増えつつある中、溝口大祖神御神輿運行という「伝統」は、決して絶やしてはならない、新発田の誇りであります。新しいことをするのではない、ずっと変わらない「伝統」を体現しつづけることで地域に与えるインパクトは確実に存在します。
 本年も熱き「伝統」を胸に、新発田の誇りを担いでまいります。


~子どもたちに社会性を~

 いじめが子どもの身近な問題となってしまっている現在。また、不登校生徒数についても、増減を繰り返しているものの、高い水準が維持されてしまっています。これらの原因のひとつとして、社会性というものを学ぶ場の欠如があると考えます。
  かつては、遊びのなかで、また或いは地域コミュニティの中で自然と社会性は身に付けられてきていました。年長者を敬い、年少者を助け見守り、他者を慮る精神を学んできたはずでした。しかし最近、公園に集まり、黙々と携帯ゲームに勤しむ姿が示すように、日々の生活の中で社会性を身に付けることは困難な状況にあるのではないでしょうか。
 他者と関わりながら社会性を身に付け、自ら考えて行動することが子どもにとっては大変重要なことです。これは、このたびの学習指導要領の改訂でアクティブラーニングや道徳に重きを置いたことからも明らかです。私たち青年会議所だからできる、経験や体験にもとづいた社会性を身に付ける場を、インパクトと共に未来をになう子どもたちに提供してまいりましょう。


~多くの同志と共に活動できる素晴らしさ~

 現在、青年会議所の会員数は、残念ながら減少傾向にあります。私たち新発田青年会議所は継続的な努力により現在の規模を維持してきていますが、少子高齢化、都市部への一極集中が今後も続いていくのであれば、必然的に会員の対象となる人も減少していきます。私たちがこれからも高い志を持ち、素晴らしい運動を展開していくためには、そこに原動力たる「人」がいることが必須条件であります。今こそ、会員拡大への意識を高め、LOM一丸となってこれに当たらなければならないのです。
 私たち一人ひとりが、青年会議所の運動、活動に魅力を感じ、価値を見出す。そして、そこに共感し、インパクトを受けた人が、新たな同志として共に活動する。この新たな出会いは、青年会議所の最大の魅力のひとつではないかと思っています。2018年度、多くの新たな同志をむかえるべく、会員拡大運動をより強く推進してまいります。


~見極める確かな力と、正しい情報発信の形~

 情報が氾濫する現在、いかに自らのフィルターで混然たる情報をろ過するのかが非常に重要な時代です。正しい情報をみずからが選択して取り入れるリテラシー力を身に付けることが必須とされています。また、SNS黎明の時代、誰しもがいとも簡単に世界に対して情報を発信することができます。しかし、その発せられる情報が時として自身を脅かすことになり得るということは、これだけ日々メディアに報じられていても真に理解されるには至っていないのが現状です。
 私たちも、一青年経済人として、正しい情報を選択するリテラシーを高めると同時に、個人として、また組織として情報を発するときに、意図を正確に伝え、コンプライアンスが順守されていることが求められます。情報を取捨選択する力と、正しく発信する力の双方を高めることで、組織が地域社会にあたえるインパクトを最大化することができるはずです。


~すべての活動を支える基盤~

 LOMがLOMとして正しく機能するためには、基盤たる運営体制が整っていることが条件となります。その中でも会計は運営体制の中枢であります。近年は、メンバーからの会費に加え、外部資金を活用させていただく機会も増加しております。透明性と公平性を保ち、円滑にLOMを運営すべく、今まで以上に適正かつ正確な会計処理に努めてまいります。


~さいごに、私たちが目指すべきもの~

 私目の前に困難が立ちはだかったとき、選択を迫られたとき、さまざまな場面で、私が拠所としている言葉があります。大学時代の恩師がよく口にしていた言葉であり、今も深く心に刻まれています。

知彼知己、百戰不殆(彼を知り己を知れば、百戦危うからず)孫子『兵法』

自分自身ができること、できないこと強みと弱み
まずは自身を省みること。自分を知ること。

そして、置かれている環境直面している問題自身を
とりまくものをよく分析する。周りを見る。そうすれば
自ずと自分のとるべき行動は見えてくるものです。
 長き伝統と共に培われた私たちの「強み」を存分に生かし、メンバー一人ひとりが協力・協働し、あるいは外部との連携により「弱み」を最小化する。
 この地域が抱える様々な問題を正確に分析し、それぞれに効果的な策を実行に移す。その先にはおのずと輝かしい地域の未来があるはずです。そこに強烈なインパクトが加わることで、この地域は明るい豊かな社会の実現にむけて大きな一歩を確実に踏み出すことができるはずです。叡智を結集し、情熱を燃やし、勇気をもって実行する。その結果、個は大きく成長し、組織はより活気を帯び、地域が輝き出す。必ず成し遂げるという熱い想いと共に、地域に強烈なインパクトを与えてまいりましょう。


| ホーム | 青年会議所とは | 事業告知 | 活動報告 | スケジュール | 会員紹介 |


一般社団法人 新発田青年会議所
〒957-8550 新潟県新発田市中央町4-10-10 新発田商工会議所3F
TEL:0254-22-0404(09:30~15:30) FAX:0254-21-1522 メールでのお問い合わせ