青年会議所とは | 事業告知 | 活動報告 | スケジュール | 入会案内 | メンバー紹介
青年会議所とは

青年会議所とは

 

 青年会議所(JC)は"明るい豊かな社会"の実現を理想とし、次代の担い手たる責任感をもった20歳から40歳までの指導者たらんとする青年の団体です。青年は人種、国籍、性別、職業、宗教の別なく、自由な個人の意志によりその居住する各都市の青年会議所に入会できます。
 60余年の歴史をもつ日本の青年会議所運動は、めざましい発展を続けておりますが、現在697の地域に約35, 000名の会員を擁し、全国的運営の総合調整機関として日本青年会議所が東京にあります。
 全世界に及ぶこの青年運動の中枢は国際青年会議所ですが、約132ヵ所の国及び地域に119NOM(国家青年会議所)があり、約165,000人の会員が国際的な連携をもって活動をしています。
 日本青年会議所の事業目標は、"社会と人間の開発"です。その具体的事業としてわれわれは市民社会の一員として、市民の共感を求め社会開発計画による日常活動を展開し、「自由」を基盤とした民主的集団指導能力の開発を推し進めています。
 さらに日本の独立と民主主義を守り、自由経済体制の確立による豊かな社会を創り出すため、市民運動の先頭に立って進む団体、それが青年会議所です。

 

<2017年度 基本理念(スローガン)>

 

2017年度スローガン


~ 7つの歩む道がこのまちの未来をつなぐ ~

 

<2017年度 基本方針>

1. 地域経済の活性化につながる事業の実施
2. まち(阿賀北地域)の活性化につながる
3. 会員拡大と意識向上に関する事業の実施
4. 地域の伝統精神を継承する事業の実施
5. 夢や希望を持てる青少年育成事業の実施
6. 円滑な組織運営と有機的な情報発信
7. 心意気をつなげるブロック大会の実施

rijicho_b.jpg


 

一般社団法人新発田青年会議所
第59代理事長 関川 健

【はじめに】

10年前、自らを変えたくて新発田青年会議所の門を叩いて入会しました。しかし当時は仕事も忙しい、子どもも小さい、そして何より自分の事で精一杯でした。ただ何と無く参加して、誘われるがまま活動していたことを思い出します。それなりに一生懸命取り組んできましたが、まちづくりをしないといけない意味など全く考えていませんでした。また自らをさらけ出して失敗する事や恥をかくのが怖いからと限界を決めて取り組んでいたと思います。そんな中、事業を通して汗を掻き、苦難を乗り越えて感動を分かち合い、時には涙する先輩達の姿がありました。「あんな人になりたい」たったひとつのきっかけから私の青年会議所活動は大きく変化していきました。私に起こったようなきっかけはどのような人でも平等に与えられていると考えます。社業、家庭、各種団体の活動がある中で、これらをバランスよく行うことは簡単なことではないですが、そのきっかけを掴み取って、どのように活動していくかを決めるのも自分自身です。 青年会議所は「明るい豊かな社会」の実現という理念を掲げています。「明るい豊かな社会」とは何か。その答えは様々であり、人の数だけあるべきだと考えます。しかし私たちはこのまちに生まれ、このまちの愛情によって育まれ、家庭をもち、仕事もお客様もこのまちにいる。このまちから受けた恩恵は皆一緒なのではないでしょうか。私たちはこのまちと運命を共にしているのです。先輩諸兄姉が58年間つないでこられたように今よりもっと「明るい豊かな社会」にして未来を担う子どもたちに「つなぐ」ことを誓います。 さらには活動を通して素晴らしい先輩、仲間との出会いがありました。様々な場面において助言してくれた尊敬できる先輩や切磋琢磨できる仲間たちを得ることができました。卒業してから大活躍している先輩もいれば、JCを続けながら成長し続けている仲間もいます。会社経営や青年会議所活動を行う上で、悩み、不安、葛藤に、この会の先輩、仲間たちは快く応えてくれました。また、私を青年会議所活動に送り出してくれる家族、社員にはいつも家庭や会社を支えてもらっています。これらの多くの出会いがなければ、今の私はなかったと今こそ確信を持って言えます。だからこそ今度は私が多くの仲間たちに「つなぐ」番だと決意しました。


【青年経済人として経済・地域発展へつなぐ】

昨今の経済状況は緩やかに回復ムードを辿りながらも、先行き不透明感が高まる一方、人手不足を背景とした省力化が進み、経済を活性させるために重要だと言われている設備投 資姿勢が慎重化しているように感じます。私たちはこの地域の経済を担っている青年経済人でもあり、経済活動による地域貢献も大切なことです。今後この地域の経済が発展するには、各事業所の減退を食い止め、それぞれが飛躍を成し遂げ、更に雇用を増大させていくことが若者流出や近年の少子高齢化に歯止めをかける最も重要なことではないでしょうか。 このまちで生活している私たちは、地の利を活かした特色ある経済発展を考え、推し進めることで強い地域経済を作り上げるのが理想です。そのためには地域経済を支える私たちの企業においても地域に根差した特徴ある企業として成長する必要があります。地域企業を見つめ直し将来の展望を構築しましょう。そんな企業が数多く成長していくことで、特色ある経済発展へと「つなぐ」ことと考えます。このまちの発展を心から願う、私たち青年経済人が自由な発想で地域経済の活性化を考え、経済発展の原動力となりましょう。


【地域連携で未来へつなぐ】

地方創生が掲げられて2年が過ぎ、日本が抱える人口減少、都市一極集中という深刻な問題は、もはや国や行政だけの力では食い止めようがなくなってきており、私たち地域住民一人ひとりが一丸となり自立したまちづくりを行っていかなくてはなりません。そのような状況において、私たちが「明るい豊かな社会」の実現を目指すには、様々な人たちと多くの接点を持つことが大切だと考えます。地域住民、地域団体、そして行政がそれぞれの立場で長所を活かしながら、各々が主体的に当事者意識を持ち、自立した社会を創造していくことが必要です。そのために私たち青年会議所が地域住民、地域団体、行政を「つなぐ」役となりましょう。まちづくりを掲げている私たちがそのような協働できる場をつくり積極的に交流していきましょう。 また活動エリアである新発田市は市制施行70周年の節目を迎え、「新生しばた」を合言葉に地域住民と共に盛り上げたいと考えております。さらには長年の悲願であった市役所新庁舎が商店街の中心に完成いたします。中心市街地の活性化は皆が願うところであり、最高のチャンスと捉えています。この新たな動きを中心とした周辺地域の発展、活性の場を創造しましょう。


【次代へつなぐ会員拡大と意識向上】

40歳で卒業を迎える青年会議所の性質上、同じ志を持つ仲間を毎年増やしていかなければ組織はいずれ消失してしまいます。一方で仲間が増えれば地域へ与える力は今以上に大きくすることができます。新発田JCの現状は卒業生を上回る新入会員を獲得しておりますが、一定数の退会者が出ていることも事実であります。メンバーのほとんどが会員拡大の重要性を認識しながらも、会員数は減少傾向にあります。その危機感に対し、メンバーはどのような行動をされているのでしょうか。会員拡大は組織のためにするのではありませ ん。その先にある「明るい豊かな社会」を築くために進めるのです。 また入会年度の浅いメンバーが増え、経験豊富なベテランメンバーが多く卒業する中で、これまでの経験や伝統を「つなぐ」ことが難しくなってきているように感じます。入会年度の浅いメンバーへのフォローや卒業を控えたメンバーの想いを次代に「つなぐ」ためには会員同士の交流が欠かせません。さらにはメンバー一人ひとりが明確な目的意識を持って活動に参加し、JAYCEEとしての意識向上を図ることが必要であると考えます。 他LOMの成功事例を調査し、この時代そして新発田JCに見合った会全体での会員拡大運動と、JAYCEEとしての自覚を胸に自らの行動や言動に責任を持って活動できる人財となるよう会員の意識向上に取り組んでいきましょう。


【地域の伝統をつなぐ】

私たちの誇りである住み暮らす郷土。豊かな自然の中で、古来より人々のつながりから育まれてきた歴史・文化・伝統に満ち溢れています。新発田JCとしても様々な事業に関わり、参加・協力をさせていただいております。これらの魅力を輝かせ、発信していくことも、私たち新発田JCの役目だと考えます。先輩達がつないでこられた大切な伝統を守り、形を継承することだけでなく、その精神も継承し発展させていくことが重要だと考えます。 新発田JCは33年間担ぎ続けている溝口大祖神御神輿運行があります。神事であり、新発田JCメンバーだから担げる御神輿であります。2017年度もこの伝統ある事業を継承し運行します。そのためには関係各位と連携を図り、メンバー一丸となって取組むことが必要です。 また入会年度の浅いメンバーが増えてきたことで、次世代を担うメンバー一人ひとりにこの伝統や文化をしっかりと「つなぐ」ことが私たちの責任であると考えます。メンバー一丸となった心意気を地域の皆様に見ていただき、自分たちの住み暮らす郷土をもっと好きなっていただきましょう。


【未来へつなぐ、子どもたちの育成】

私たちはこのまちに生まれ、このまちの愛情によって育まれてきました。幼少期、何か問題が起きた時には悪いことは悪いと諭し、他人の子でも自分の子のように叱る大人たちがいたことを覚えております。しかし現在はどうでしょう。携帯電話やインターネットが普及し、それらのツールを活用した顔を合わせないコミュニケーション活用能力は高まっていると思いますが、顔と顔を合わせたコミュニケーションの機会が減少し、人と人とのつながりや地域の結びつきが無機質なものになってはいないでしょうか。どこか他人事で客観的な考えで、主体性を持って何かに取り組んだり、真剣に相手を思いやったりする心が希薄になっているように感じます。私たちの幼少期と現在を比較すると教育や社会環境が変化し ており、以前では考えられない事件も起きています。それらは親の責任でもあります。 何かの目標に向かって仲間と協力し、助け合い、ぶつかり合う中で子どもたちが相手の気持ちを考え、相手を思いやれるようになると考えます。親や地域の大人たちと連携し、子どもたちに一生の記憶に残るような体験や活動の機会を通して、思いやりの心を育みましょう。そんな大人や子どもが増えると夢や希望が持てる「明るい豊かな社会」へ一歩でも近づきます。私たちはこのまちに受け継がれた人と人とのつながりの大切さをもって、未来を担う子どもたちの健全な育成に取り組みましょう。


【地域へつなぐ情報発信と運営基盤の強化】

私たち新発田JCが阿賀北地域の「明るい豊かな社会」の実現に向けて運動、活動を続けるためには盤石な組織運営が必要不可欠であり、それは58年間途絶えることなく受け継がれてきました。また活動費はメンバーの貴重な会費により運営されており、活動の基盤となる財務、規則面の健全化を図りながら、組織の透明性、公共性を明確に示してきました。しかしながら、時代の変化と同時に私たちの組織もその変化に対応し、常に成長し続けることが必要です。今後も組織、財務基盤の強化を図り、さらに生産性を高める運動、活動ができるようにつないでいきましょう。 またさらに運動・活動を続けるために事業告知や募集活動が必要となります。今まではその媒体としてSNS、新聞や雑誌、ラジオやテレビといった様々なメディアを活用してきましたが、思った通りの効果を得ることは難しいと感じております。事業告知や募集活動だけでなく、新発田JC自体のPRも含めて発信媒体の新しい活用や発信を再度調査、検討し、戦略性を持った情報発信を展開していくことが必要だと考えます。また私たちの考え方に共感して頂ける地域団体や地域住民と有機的なネットワークの構築も検討し、お互いの情報交換を通じ相乗的な発展を目指していくことで阿賀北地域の活性化につないでいきましょう。


【心意気をつなげる新潟ブロック協議会ブロック大会】

本年度、新潟ブロック協議会ブロック大会を新発田の地で開催させていただくこととなりました。新発田では前回2007年に開催され、10年ぶり4回目となります。 ブロック大会は新潟県下で活動するJCメンバーが集結し、共通の目的の下に意識を共有する重要な場面です。また卒業生を現役メンバーが敬意と感謝の心をもってお見送りする大事な大会であり、卒業生が現役メンバーに熱い想いを伝える最後の場面でもあります。 しかしそれらはメンバーの力だけで実現されるものではなく、このまちが持つ力と主管ロムとブロック協議会の力が合わさり、初めて可能になるものです。県内各地で地域を支えているメンバーがこのまちの心意気を共有し、その先の運動の展開につなぐことができたな らば、県内全体を変革することができると考えます。 先に述べた通り、本年は活動エリアである新発田市が市制施行70周年に加え、悲願であった市役所新庁舎が商店街の中心に完成します。このタイミングで、このような素晴らしい運動をこのまちで実行できることは最高のチャンスであり、大いに誇れることであります。このまちにおける最大のJC運動となることでしょう。日常の修練の真価を発揮し、LOMが一枚岩となって記憶に残る最高の舞台を造りましょう。


【さいごに】

私たちの活動は誰のために行うのでしょう。まちのため、地域住民のため、家族のため、働いている会社や社員のため、未来のこのまちで暮らす人々のため、自分自身のため。私たちの活動は「明るい豊かな社会の実現」に全てつながっていきます。自ら率先して活動し、多くの議論を交わし、多くの気づきを得る中で、自己の成長につながり、友情につながることで組織は活性化されます。そのような私たちの成長が、このまちの発展につながるのではないでしょうか。まずは私たちが楽しみながら全ての活動に当事者意識を持ち、思いやりに満ちた心を発信し続けることでこのまちが笑顔で溢れ、このまちの未来に良い変化をもたらすと信じています。 「このまちを少しでも良くしたい」、「このまちでずっと暮らしたい」、「このまちに住んで幸せだ」そのような心がある素晴らしい仲間と共に助け合い、意識を高めながら、一人ひとりが輝けるように私たちは青年会議所活動に誇りと情熱を持ち活動を展開して参ります。


| ホーム | 青年会議所とは | 事業告知 | 活動報告 | スケジュール | 会員紹介 |


一般社団法人 新発田青年会議所
〒957-8550 新潟県新発田市中央町4-10-10 新発田商工会議所3F
TEL:0254-22-0404(09:30~15:30) FAX:0254-21-1522 メールでのお問い合わせ